1. Home
  2. EAT
  3. インド流カゼ対策!1日に一粒食べれば医者要らずのスーパーフルーツ「アムラー」とは?

インド流カゼ対策!1日に一粒食べれば医者要らずのスーパーフルーツ「アムラー」とは?

1,132

インド流カゼ対策!1日に一粒食べれば医者要らずのスーパーフルーツ「アムラー」とは?

121209NEWSamura01.jpg風邪をひいたら体を温めてビタミンCを摂取するのが一番ですね。ふつう、ビタミンC補給と言えばレモンを思い浮かべますが、インドでは「アムラー(amla)」という果物が、風邪の予防や対策によいと言われています。アムラーとはインディアン・グースベリーのことで、薄緑のピンポン玉のような形が特徴。冬になるとあちこちの八百屋さんにアムラーがお目見えします。じつは、このアムラー、インドでは「1日に一粒食べれば医者要らず」と言われるほど、とっても優秀なスーパーフルーツなのです!アムラーのビタミンCの含有量はレモンの10倍、ポリフェノールは赤ワインの30倍にあたり、古来からインドでは風邪のみならず、動脈硬化や心筋梗塞、糖尿病など様々な疾患の治療に使われてきました。インドの伝統医療アーユルヴェーダにおいても、アムラーは三大果実(トリファラ)として位置づけられるほどに重要な存在。なぜならば、アムラーには、味の基本である6味(甘、酸、苦、辛、塩、渋)のうち、塩味を除く全ての味が備わっているのです。121209NEWSamura02.jpgアーユルヴェーダでは、3つのドーシャ(ヴァータ・カパ・ピッタ)のバランスが崩れると病気になると考えられていますが、なんとアムラーにはドーシャのバランスを整えるパワーがあるのだそう。そんな優秀なフルーツであるアムラーをぜひ毎日せっせと摂取したいところですが、生ではかなり酸っぱくて渋いのが難点。ですからインドではよく、砂糖漬けのドライフルーツや、アチャールというスパイシーなお漬物にしていただきます。121209NEWSamura03.jpgまた、アムラーのビタミンCは熱を加えても壊れないため、アムラーパウダーを料理やお茶に入れて使ったりもするんですよ。日本でも通販でアムラー製品を購入できます。爽やかな酸味で食べやすいドライフルーツは初めての方にもおすすめ。今年の冬はアムラーで、風邪予防はもちろんのこと、ドーシャのバランスも整えてみませんか。[ fabindia オーガニックドライフルーツ・アムラ(100g),マハラニ アムラ ](c)Yasuko Malhotra
text by さとう葉―――――――――――――――――――――――――――――――――――sato01.jpgフリージャーナリスト・エディター。東京の美大で修士号取得後、大学講師やコンテンツ・プランニングの仕事に携わったのち08年インドへ。art & spiritualityを核にハイエンドからサブカルまで幅広い領域を横断的に執筆。12年台湾にも拠点開設。趣味はヨガと太極拳。天文にも造詣を持ち、共著書に『皆既日食ハンターズガイド』(INFASパブリケーションズ)等がある。
    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    6. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    10. 「外陰部の腫れ」は悪性がんの恐れも。セルフチェックの方法は?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    10. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?