1. Home
  2. EAT
  3. インド流カゼ対策!1日に一粒食べれば医者要らずのスーパーフルーツ「アムラー」とは?

インド流カゼ対策!1日に一粒食べれば医者要らずのスーパーフルーツ「アムラー」とは?

インド流カゼ対策!1日に一粒食べれば医者要らずのスーパーフルーツ「アムラー」とは?

121209NEWSamura01.jpg風邪をひいたら体を温めてビタミンCを摂取するのが一番ですね。ふつう、ビタミンC補給と言えばレモンを思い浮かべますが、インドでは「アムラー(amla)」という果物が、風邪の予防や対策によいと言われています。アムラーとはインディアン・グースベリーのことで、薄緑のピンポン玉のような形が特徴。冬になるとあちこちの八百屋さんにアムラーがお目見えします。じつは、このアムラー、インドでは「1日に一粒食べれば医者要らず」と言われるほど、とっても優秀なスーパーフルーツなのです!アムラーのビタミンCの含有量はレモンの10倍、ポリフェノールは赤ワインの30倍にあたり、古来からインドでは風邪のみならず、動脈硬化や心筋梗塞、糖尿病など様々な疾患の治療に使われてきました。インドの伝統医療アーユルヴェーダにおいても、アムラーは三大果実(トリファラ)として位置づけられるほどに重要な存在。なぜならば、アムラーには、味の基本である6味(甘、酸、苦、辛、塩、渋)のうち、塩味を除く全ての味が備わっているのです。121209NEWSamura02.jpgアーユルヴェーダでは、3つのドーシャ(ヴァータ・カパ・ピッタ)のバランスが崩れると病気になると考えられていますが、なんとアムラーにはドーシャのバランスを整えるパワーがあるのだそう。そんな優秀なフルーツであるアムラーをぜひ毎日せっせと摂取したいところですが、生ではかなり酸っぱくて渋いのが難点。ですからインドではよく、砂糖漬けのドライフルーツや、アチャールというスパイシーなお漬物にしていただきます。121209NEWSamura03.jpgまた、アムラーのビタミンCは熱を加えても壊れないため、アムラーパウダーを料理やお茶に入れて使ったりもするんですよ。日本でも通販でアムラー製品を購入できます。爽やかな酸味で食べやすいドライフルーツは初めての方にもおすすめ。今年の冬はアムラーで、風邪予防はもちろんのこと、ドーシャのバランスも整えてみませんか。[ fabindia オーガニックドライフルーツ・アムラ(100g),マハラニ アムラ ](c)Yasuko Malhotra
text by さとう葉―――――――――――――――――――――――――――――――――――sato01.jpgフリージャーナリスト・エディター。東京の美大で修士号取得後、大学講師やコンテンツ・プランニングの仕事に携わったのち08年インドへ。art & spiritualityを核にハイエンドからサブカルまで幅広い領域を横断的に執筆。12年台湾にも拠点開設。趣味はヨガと太極拳。天文にも造詣を持ち、共著書に『皆既日食ハンターズガイド』(INFASパブリケーションズ)等がある。
  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    6. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    7. 意外に知られていない、歯肉炎の家庭療法6つ

    8. ヘルシーなだけじゃない。鶏むね肉を積極的に摂りたい理由って?

    9. 他人の目は気にしない。背負いすぎるクセから解放される「自己対話術」

    10. 何歳からでも、ワークアウトをはじめるのに遅すぎることはない

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 筋肉をつけたいなら「朝大豆」。大豆ファーストで「かくれ高血糖」を防ぐ

    7. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    8. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    9. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    10. 「週一納豆」で脳卒中死亡リスクが3割減。知られざる納豆パワー

    インド流カゼ対策!1日に一粒食べれば医者要らずのスーパーフルーツ「アムラー」とは?

    FBからも最新情報をお届けします。