1. Home
  2. STYLE
  3. 世界各国の職人技を良いとこどり! リアルクローズにしたい、フェアトレードブランド3選

世界各国の職人技を良いとこどり! リアルクローズにしたい、フェアトレードブランド3選

世界各国の職人技を良いとこどり! リアルクローズにしたい、フェアトレードブランド3選

121128NEWSITO04.jpgPeople Tree」が近年ますますパワーアップしているのを見ても(個人的なお気に入りはLittle Black Dressシリーズ♡)、エシカルファッションのスタイルが多様化しているのですが、特にブランド数が圧倒的に多く展開の幅が広いのがフェアトレード関連のブランド。どこの国・地域のどういった方々と提携しているかはさまざまです。デザイナーによってパーソナルなストーリーがあって取り組みをされている方もいれば(こういった場合、一から工房を育てる場合も!)、認証されている工房を探しだして利用したりします。今回はエリア別にご紹介しますね!
アジアインドを中心とした南アジアエリア、またはフィリピンやバングラデシュなどの東南アジアエリアの生産者と取り引きされているブランドが多いでしょう。このエリアは伝統的にテキスタイル生産に強く、フェアトレード認定を受けた工房も目立ちます。
近年メキメキ成長をしているブランドが、フランス人の3人の女性が始めたLes Fees de Bengale」。121128NEWSITO03.jpgボンベイのスラムで活動するNGOと提携してスタートしたのが始まり。そのNGOと協力して縫製の研修などを提供し、女性たちの自立に一役買っています。今でも創業した3人の女性たちは年2回インドを訪ね、縫製のレッスンを提供しているようです。オンラインショップ>>(フランス語)一部「Little Happiness」(目白)などでも展開あり。
中南アメリカアルパカから想像できるとおり、ニットウェアや丁寧な刺繍の類が目立つ地域。少数民族が多く存在しますが、それら民族と協力して多様性を守りたいと考えるブランドが多く存在します。また、ファベーラという貧民街が存在しますが、ここに住む女性たちに仕事を提供し、エンパワメントを促すビジネスモデルのブランドも多数存在します。
なかでもおすすめしたいのは「Carla Fernandez」。121128NEWSITO01.jpgメキシコ中を旅しながら各地の民族とラボ形式でコラボして、その伝統技術をハイセンスなデザインに起こしています。オンラインショップは現在準備中。
アフリカ色鮮やかな色彩が特徴的なブランドが目立つエリア。また鋳造技術が盛んで、ジュエリーブランドも目立ちます。カンガなどを利用したブランドはこれまで注目されがちだったかもしれないのですが、最近スタイルの幅が増えています。やはり欧米のアフリカへの注目度は高く、「EDUN」や「Vivienne Westwood」を始め、ラグジュアリーブランドからのアプローチも多いです。アフリカと一口に言っても、地域ごとにデザインの特徴が違うので、まだまだ今後スタイルの幅が増えそうで楽しみです。
今後成長が気になるのが「lem lem」。121128NEWSITO02.jpgスーパーモデルであり、女優であり、またWHOのアンバサダーを務めたこともあるLiya Kebedeが立ち上げたブランド。母国エチオピアで雇用を創出するために何ができるか? と考えたことがきっかけだそうです。今までのアフリカの極彩色のイメージとうってかわって、優しい色味が特徴です。ストールなどの小物類、そして注目の子ども服も充実しているので、家族で楽しめそうです。オンラインショップ>>(公式サイト内)ところで、ブランド名「lemlem」は、エチオピアの言葉・アムハラ語で「花咲く・芽吹く」の意味。フェアトレードとは、生産者と着る人が互いに種を撒き、水を撒き、そして互いに花を咲かせ合うプロセスだと言えるでしょう!
text by Hitomi ITO―――――――――――――――――――――――――――――――――――ito.jpg1987年広島生まれ。在学中より国際協力関係のNGOやベンチャーでインターンなどを行う。卒業後は編集者として専門書を手がける。2010年からイギリスの媒体を中心に日本・海外のエシカルファッションについて寄稿を始め、2012年、「Ethical Fashion Japan」エディターに。
    regularbanner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    5. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    6. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    9. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    10. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    3. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    4. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    8. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    9. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?