1. Home
  2. STYLE
  3. ジョブズやミランダ・カーが瞑想で養った直感力が欲しい! というわけで、体験取材に行ってきました

ジョブズやミランダ・カーが瞑想で養った直感力が欲しい! というわけで、体験取材に行ってきました

ジョブズやミランダ・カーが瞑想で養った直感力が欲しい! というわけで、体験取材に行ってきました

senzai1122_1.jpgリラックス目的でヨガや瞑想をする、という方も多いと思いますが、じつはそれ、仕事や恋愛など、いざというときに必要な「直感力」を養うのに役立っているかもしれません。 というのも、アップル創業者のスティーブ・ジョブズなど、世界的に成功したビジネスリーダーはもちろん、クリント・イーストウッドやポールマッカトニーなど、"天才・奇才"と呼ばれる人たちが、日常的に瞑想を取り入れているそうなんです。ちなみに、モデルのミランダ・カーがヨガや瞑想を習慣にしているのは以前ご紹介したとおり。

「だからといって、瞑想=直感力=成功とはならないじゃ〜ん」とは思いますが、日本でも、ソニー創業者の井深大さん、京セラ・KDDIの設立者の稲盛和夫さんなどが、瞑想を取り入れているのはわりと有名な話。

■瞑想中の「脳波」は8Hzで潜在意識の状態になっている

そこで、これは何かある! とアバンダンスパートナーズという会社が調べた結果、判明したのが「脳波」。瞑想やヒーリングをしている時の状態を「脳波」でみてみると、14Hz〜8Hzアルファ波のリラックス状態、8Hz〜4Hzのシータ波の潜在意識状態になっているんだそうです。 そして、あの将棋の羽生善治名人が棋譜(きふ)を思い出すときの脳波※1や、円周率を4万桁記憶して、ギネスにも認定されている友寄英哲さんの脳波を脳波計で調べた※2ところ、8Hz前後に近い状態になっているという実験結果もあるんだそう。 人間の「脳」って、奥が深い! senzai1122_2.jpgそして、この8Hz前後のときに表れてくるのが、人間の80%を占めるという「潜在意識」だそうです。普段、わたしたちが使っているのは、残り20%の「顕在意識」。20%しか上手に脳を使えてないんですね〜。 でも......となるとですよ、意識しなくても脳波を8Hzに近い状態にもっていって、潜在意識をコントロールすれば、自分でも思ってみなかった能力が発揮できたり、ひらめきが生まれやすくなるかもしれないってこと!? アバンダンスパートナーズという会社では、この結果に着目して、経営者向けに潜在能力を引き出すソリューション事業を行っています。

■トライアルコースで実際に体験! 潜在意識をチューニングしてきました

興味津々で、先日、トライアルコースを体験させてもらいました。(こちらは経営者を対象とした12月末まで限定のお試しキャンペーンコースです。) 名前や生年月日、会社名や会社設立日などの基礎情報と、事業で解決したい課題や悩みを事前に送ります。 その情報をもとに、3人のカウンセラーがリーディングをして、結果を簡易レポートしてまとめてくれ、さらにちょっとしたお試しカウンセリングをしてくれます。 カウンセラーは、ビジネスリテラシーのあるセラピストの方々。全米催眠療法協会認定のヒプノセラピストやシータヒーリングインストラクターなど、日本ではまだ馴染みの少ない、多種多様なスピリチュアル手法を取得したプロたちです。 その方たちが潜在意識にかくれた悩みや根本原因をリーディングによって引き出し、カウンセリングで脳波を8Hzの状態にして、良い方へとチューニングしていきます。 1122senzai_3.jpg一見、「怪しそう......」と思いましたが、代表の岩崎かおるさん自身が「元々は全然信じてなかった」というスタンスにも関わらず、会社を2社起業したり、元はファイナンシャルアドバイザーとして活躍していた企業人だという点で、ちょっぴり安心。 それと、セカンドオピニオン的発想で、一つの手法に偏らずに良いと思ったものをまんべんなく取り入れているという点は大きいかと思います。 率直な感想としては、日頃なんとな〜く気がかりだったことがきちんと整理されて、タスクがはっきりした感じ。気持ち的にもだいぶスッキリしました。 実質的な変化としては、そのカウンセリング以来、帰宅時間が平均して1〜2時間ほど早まっています。1回のお試しなので、これが潜在意識が変わって直感力でバシバシ仕事が片付いたから...というには確証がないのですが、意識が変わるきっかけにはなりますよ。 年末に向けて、一年を振り返り、来年に向けてタスクを整理する時期。来年こそ、80%の潜在意識を最大限に引き出して、直感力を養い、隠れた才能を開花させてみてはいかがですか? こちらの会社は、「経営者の意識を変えて豊かな社会を創る」というのが理念としてあるので、企業の部長クラスの方や、個人事業主の方しか受けられませんが、12月末までなら、わたしが受けた通常3万円のトライアルコースが無料になるお試しキャンペーンを実施中ですよ〜。 ※1:参照元/NIKKEI 将棋王国※2:参照元/友寄英哲後援会HP(photo by Thinkstock/Getty Images)

アバンダンスパートナーズ] 2012年12月末までトライアルコース(3万円)が無料になる お試しキャンペーン実施中 詳細はこちらにお問い合わせ下さい>>

(MYLOHAS編集部/佐々木)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. ヘルシーそうでも意外とNG? 糖尿病なら避けたい食べ物7種(前編)

    3. 怒りを上手にコントロールする6つの方法

    4. 【9月の満月】半年間の成果をたずさえ、再スタートする好期到来

    5. 毎日3.7リットル水を飲むガロン・ウォーター・チャレンジについて、栄養士の見解

    6. 人生のどん底を経験した女性たち。どのようにして立ち直ったのか?

    7. 栄養学者が毎日摂っている12項目ってなに?

    8. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    9. モデルKellyが実践する「キヌア」のトリセツ

    10. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    3. おやつ代わりに! ヘルシー&空腹になりにくい低糖フルーツ9種

    4. 腰に一番よい寝姿勢は? 腰や背中が痛いときオススメの寝方を専門家が指南

    5. 【9月の満月】半年間の成果をたずさえ、再スタートする好期到来

    6. 足裏を鍛えるといいことづくめ。1日10分の簡単エクササイズ

    7. 良質な睡眠、肌ツヤUP、太りにくい体へ。食べ方で血糖をコントロール!

    8. まずおさえるべき、絶対に痩せるコツ【痩せるカラダを作る方法】

    9. 怒りを上手にコントロールする6つの方法

    10. ライム病と闘う歌姫「体の機能が停止していくのを感じ、溺れたような気分」

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. あなたは大丈夫? 糖尿病予備軍の見過ごせないサイン7つ

    3. 「歩くたびに疲れがとれる」と噂のサンダルを履いてみた

    4. 若年性乳がん、どんな人がなりやすい?

    5. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    6. 糖質制限でガマンしない、失敗しない。糖質で太らない5つのヒント

    7. 「この日空いてる?」と予定を聞かれたときのスマートなかわし方

    8. 本当に二日酔いに効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    9. レモンウォーターは本当に健康の効果があるの? 2週間試してみた結果

    10. 医師が教える副腎疲労。ひどい疲れには3つの“フリー”

    ジョブズやミランダ・カーが瞑想で養った直感力が欲しい! というわけで、体験取材に行ってきました

    FBからも最新情報をお届けします。