1. Home
  2. STYLE
  3. 旬の食材は、ヘルシーでサステナブル。ワクワク食を楽しむフードデー

旬の食材は、ヘルシーでサステナブル。ワクワク食を楽しむフードデー

旬の食材は、ヘルシーでサステナブル。ワクワク食を楽しむフードデー

1120foodday1.jpg米国には、一年に一度、食べ物について考える『』という日があるのを知っていますか? これは、ヘルシーでサステナブルな食べ物を、より身近に入手しやすくしようというムーヴメント。毎年10月24日に設定されていて、この日を中心に、全米で年間3,200ものイベントが開催されています。「健康で安全な食品を促進しよう」「環境や動物を保護しよう」「飢餓をなくそう」など、大きなミッションを掲げていますが、実際のイベントはワクワク楽しいものばかり。ファーマーズ・マーケットで開催された子供向けのクラスでは、野菜や果物がどうやって育ち、食卓に運ばれてくるか、楽しく教えてくれます。「」は「みんな一斉に同じ時間にリンゴをかじろう!」というユニークなイベント。ニューヨークは「ビッグ・アップル」と呼ばれるだけあり、リンゴの名産地。ファーマーズ・マーケットで地元産のリンゴを配ってくれます。ふざけているみたいですが、ニューヨーク市が提供するれっきとしたフード・プログラム。1120foodday2.jpg今はまさに収穫シーズン! お鍋やホームパーティが楽しいハートウォーミングな季節でもありますね。日本でも旬な食材をふんだんに取り入れた「フードデー・パーティ」を企画してみてはいかがでしょう?旬の食材はヘルシーでサステナブル。新鮮で栄養価が高い農産物を食べられるということだけでなく、食物の輸入・輸送に使われるエネルギー資源の節約や、農家をはじめとする地元の経済や社会のサポートにもつながります。楽しいイベントを通して、食についてまじめに考えることは「」のコンセプトにぴったりです!
text by太田あや(Aya Ota)―――――――――――――――――――――――――――――――――――ohta01.jpgBIO ARTS NYC, INC.代表ニューヨーク在住。米国代替医療協会認定ホリスティック・ヘルス・コーチ。コロンビア大ティーチャーズ・カレッジで統合栄養学のサーティフィケートを取得。ニューヨーク大学大学院のメディア・コミュニケーション分野で修士課程修了。メディア・IT業界での豊富な経験と、食・健康に関する専門知識を組み合わせ、教育・情報発信事業やコンサルティング事業を展開。ライター&リサーチャーとして食・健康・環境などを専門に執筆実績も多数。ホリスティック・ヘルス・コーチ資格取得講座>>
    specialbunner

    Ranking

    1. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 出血が多くても生理だから仕方ない!と思っていませんか?過多月経は治療できます

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. ダイエット開始後すぐに体重が減るのはなぜ? 管理栄養士がアンサー

    9. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    10. もがき苦しんだ“燃え尽き症候群”と伊達公子さんから学んだこと〜元マラソンランナー・市橋有里

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    5. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    6. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    7. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    8. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    9. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー

    10. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?