1. Home
  2. STYLE
  3. 日本人もスーパーサイズ化!? 他人事ではないニューヨークの飲料サイズ規制

日本人もスーパーサイズ化!? 他人事ではないニューヨークの飲料サイズ規制

日本人もスーパーサイズ化!? 他人事ではないニューヨークの飲料サイズ規制

110722bigsize3.jpg米国では人口の3分の2の人が標準体重以上と言われ、深刻な肥満問題を抱えています。ヘルス・コンシャスなニューヨークですら、半数以上がオーバーウェイト。肥満に関連した医療費は米国全体で年間47億ドルにもなるとか。日本人の肥満率は先進国の中では最下位ですが、糖尿病をはじめとする生活習慣病やメタボ症候群になりやすい人種。少子高齢化も影響し、医療費は増大する一方で、米国の肥満問題も他人事ではありませんよね。ニューヨークでは、これまで肥満は本人や家族の問題として捉えられがちでしたが、事態があまりに深刻化したため、政府や企業が一丸となって問題に取り組みはじめています。公共の場での喫煙やトランス脂肪酸を禁止するなど、早くから行政主導で健康対策に取り組んできたニューヨーク市。今度は「肥満の一因はソーダやソフトドリンク」と捉え、加糖飲料のサイズ規制に乗り出しました。そしていよいよ、来年3月から、映画館やレストラン、コンビニなどで、スーパーサイズ(473ml以上)の加糖飲料の販売が禁止されることになりました。1枚目の画像は、今年はじめにニューヨーク市が発表した広告。1960年代と比較すると、ファストフード店の飲料やフライドポテトがスーパーサイズ化して、カロリーが約3倍にもなったそう。糖尿病の危険性も伝えているリアルな内容。加糖飲料のサイズ規制は、飲料業界団体や市民からも反対の声が上がっていますが、市内で毎年6千人が肥満が原因で死亡している現状ではやむを得ない状況ともいえます。110722bigsize2.jpg「Don’t Let Bureaucrats Tell You What Size Beverage To Buy(どんなサイズの飲料を買うか、行政機関に決めさせるな)」というスローガンを掲げたペプシのトラック。日本でもメタボ検診の義務化や保健指導が進んでいますが、こんな過激な規制をする日も遠くないかも!? まずは自分でコントロールするのが大切ですね!
text by太田あや(Aya Ota)―――――――――――――――――――――――――――――――――――ohta01.jpgBIO ARTS NYC, INC.代表ニューヨーク在住。米国代替医療協会認定ホリスティック・ヘルス・コーチ。コロンビア大ティーチャーズ・カレッジで統合栄養学のサーティフィケートを取得。ニューヨーク大学大学院のメディア・コミュニケーション分野で修士課程修了。メディア・IT業界での豊富な経験と、食・健康に関する専門知識を組み合わせ、教育・情報発信事業やコンサルティング事業を展開。ライター&リサーチャーとして食・健康・環境などを専門に執筆実績も多数。ホリスティック・ヘルス・コーチ資格取得講座>>
    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. ちょっと待って! トマトは「やさい麹」にすれば最強の発酵食になる

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた