1. Home
  2. STYLE
  3. 毎日の何気ない行動が世界を変える! フェアトレードを盛り上げる10の方法

毎日の何気ない行動が世界を変える! フェアトレードを盛り上げる10の方法

毎日の何気ない行動が世界を変える! フェアトレードを盛り上げる10の方法

1107fairtrade1.jpgモーニングコーヒーを飲みながらくつろいだり、大好きな友人にチョコレートをプレゼントしたり、家族と一緒にバナナケーキを焼いたり……。こういった何気ない毎日の行動が、世界の貧困解決に役立ったり、地球環境改善につながったりするなんて、ステキなことだと思いませんか。よく耳にするようになった「フェアトレード」という言葉をここでもう一度おさらい。「フェアトレード」とは、社会的・経済的に立場の弱い開発途上国の人々に仕事の機会を作り、公正な対価を支払うことで、自立できるよう支援すること。これが、地球と人にやさしい貿易の仕組みになるんです!1107fairtrade2.jpg『フェアトレードUSA』では、「Count Me In(私も入れて!)」をテーマに、フェアトレードを普及させるさまざまな試みを行っています。今回は、『誰でも簡単にできるフェアトレードを盛り上げる10の方法』をご紹介。
1. 「フェアトレードを買う」と誓う
まずはフェアトレードUSAのページで「I Pledge to Buy Fair Trade」ボタンをクリック。「フェアトレード商品を買う!」と誓ってみましょう。
2. Facebookのファンになる
フェアトレードUSAのFacebook公式ファンページでは、ニュースやイベント情報だけでなく、プレゼントやレシピなどお得な情報も盛りだくさん。
3. ツイートする
「フェアトレード商品、買ってみたよ〜」など、ちょっとしたことでもつぶやくことで、フェアトレードをより多くのひとにアピール
4. フェアトレード商品を買う
エコやサステナビリティに意識の高いお店やオンラインショップをチェック。コーヒーやドライフルーツなど毎日の食生活に取り入れやすい商品もおすすめ。
5.フェアトレード動画をシェア!
子供から大人まで、楽しく学べる動画が満載です。イメージしやすい動画は、フェアトレード初心者でもわかりやすく解説。
6. お店で「フェアトレード商品はありますか?」と聞く
消費者の声で、お店の意識も商品ラインナップは変わるはず!
7. 寄付をする
「フェアトレードUSA」は非営利団体。わずかな金額でもその気持ちが力になります
8. イベントやキャンペーンに参加
自分の住んでいる地域で開催されているイベントやキャンペーンを探して参加。ちなみに米国では、このようなイベントリストがあります。
9. ギフトをあげるときはフェアトレード商品を選ぶ
もらう方もあげる方も、やさしい気持ちでハッピーに!
10. フェアトレード商品でシーズンイベントを盛り上げる
クリスマスや新年に向けて盛り上がるシーズンの年末!クリスマスプレゼントはもちろん、1年の終わりに感謝の気持ちを込めたギフトにもフェアトレード商品を選んでみて。ひとりのちょっとした簡単な行動でも、みんなで取り組めば大きな力になります。「世界のために」はめぐりめぐって「自分のため」にもなるフェアトレード。今すぐアクションしてみよう!photo by Thinkstock/Getty Images
text by太田あや(Aya Ota)―――――――――――――――――――――――――――――――――――ohta01.jpgBIO ARTS NYC, INC.代表ニューヨーク在住。米国代替医療協会認定ホリスティック・ヘルス・コーチ。コロンビア大ティーチャーズ・カレッジで統合栄養学のサーティフィケートを取得。ニューヨーク大学大学院のメディア・コミュニケーション分野で修士課程修了。メディア・IT業界での豊富な経験と、食・健康に関する専門知識を組み合わせ、教育・情報発信事業やコンサルティング事業を展開。ライター&リサーチャーとして食・健康・環境などを専門に執筆実績も多数。ホリスティック・ヘルス・コーチ資格取得講座>>

    Ranking

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    3. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    8. どう摂ればいい? 美容と健康を底上げし、ストレスから私たちを守る「ビタミンC」

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 上げたいのは「免疫力」。健康を底上げする新キーワード「デカン酸」に注目

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    6. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    7. すぐに真似してみたい。こぐれひでこさんのアイデアいっぱいサラダ7選

    8. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    9. オンラインで広がったヨガの可能性。モデル・野沢和香さんが次に挑戦したいことは

    10. 上げたいのは「免疫力」。健康を底上げする新キーワード「デカン酸」に注目

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 歯磨きが睡眠に与える影響は? 寝る前に絶対やっていはいけないこと

    6. 調査でわかった。「男性が本当にほしいギフト」と「女性が贈りたいギフト」は一致していた

    7. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    8. ワッフルメーカーで焼くと美味しく変身するもの9つ。豆腐やチーズにもトライ!

    9. 頭痛持ちの人が「やらないほうがいいこと」4つ。えっ、クラシック音楽も!?

    10. 脚も環境も喜ぶサスティナブル・スニーカー。いっぱい歩いても、なんなら走っても大丈夫

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら