1. Home
  2. MIND
  3. 1年以上セックスをしていません。女としてなんだか不安になります......

1年以上セックスをしていません。女としてなんだか不安になります......

1年以上セックスをしていません。女としてなんだか不安になります......

121105NEWSkishi01.jpg最近、結構この悩みを抱えた女性が多いと思います。

いまは、女性だけじゃなく男性もそうかも。仕事を持って自立した人が多くなればなるほど、恋愛は二の次になりやすい......。

でも、パートナーがいるのにセックスレスの人もいまではザラ。 長く付き合ったり、子供が生まれたりすると、だんだんと男女の関係になれなくなっちゃうんだと思います。

じつは私自身、危ないな、と思った時期があります(笑) 以前、60代の素敵な女医さんにお会いしたとき「若さと美しさの秘訣は?」と聞いたところ「メイクラブすること」と即答されました。一瞬ビックリしましたが、心底真面目に彼女がそう言っていることを理解し合点がいきました。

人間の三大欲求「食欲・性欲・睡眠欲」を満たすことは、ウェルネスにとって非常に重要なことなのです。「性欲」を満たすことは、生理学的に見ても多くのホルモンが分泌し、自律神経が調整され、免疫力が高まったりと、心身の健全性を保つ役割があります。

逆に、あまりに性欲を抑え込んでしまうと、ストレスに弱く乾いたカラダになり、体内の癒着も起こりやすく美容的にも好ましくありません。

ただ、必ずしも性欲を満たす=オーガズムや射精ということではなく「性的な感受性を刺激する」という点が大切。 いまはパートナーがいない、という方でも性的感受性を高めることはできます。メンタル的には憧れを見つけてトキメクのも良いでしょう!(アイドルでもなんでも)

さらに、お風呂に入りながらできる、とっておきの方法をご紹介します。

「感じる体」を作る!バスタイムの過ごし方 香りの良いボディミルクを、目を閉じてゆっくりと全身に塗ってみましょう。香りと、指の滑る感触を感じて、体のどこに性感帯があるのかひとつひとつ見つけていくのです。

「感じる体」を作ることは、キレイを作ること、と思ってその時間を楽しんでみてください!

photo by Thinkstock/Getty Images

hba_banner_b.jpg2級アドバイザー資格申し込み受付中! 受付締切 :2012年12月7日(金) 試験実施日:2013年2月17(日) 詳しくはこちら>>
text by 岸紅子(NPO法人日本ホリスティックビューティ協会代表理事) ――――――――――――――――――――――――――――――――――― kishi01.jpg大学時代にホリスティック医療と出会い、多くの代替療法を研究。美容家としていち早く、ホリスティック(包括的)ビューティのメッセージを発信し、NPO法人日本ホリスティックビューティ協会を設立。2010年秋から「ホリスティックビューティ検定」開始。トークショーをはじめ、雑誌・WEB・新聞・テレビ・ラジオなど、多くのメディアでも活躍中。 オフィシャルブログ>>NPO法人日本ホリスティックビューティ協会サイト>>
    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた