1. Home
  2. STYLE
  3. 「グルテンフリー」ブームで、アメリカでは日本のアノ食品が脚光を浴びている!?

「グルテンフリー」ブームで、アメリカでは日本のアノ食品が脚光を浴びている!?

「グルテンフリー」ブームで、アメリカでは日本のアノ食品が脚光を浴びている!?

1210npetop.jpg全米最大規模の有機、自然、健康、エコ関連商品の展示会『ナチュラル・プロダクツ・エキスポ』。1981年から実施され歴史と実績があり、業界内では最も影響力がある展示会です。世界約100カ国から約2,000社もの企業が集い、力を入れている商品を披露。まさに業界トレンドの縮図です。さて、今米国で大ブームの「グルテンフリー」。9月に東海岸で開催された同展示会でも「グルテンフリー」の表示だらけ!多くの関連商品が紹介されました。グルテンとは、小麦類から生成されるたんぱく質ですが、体質によっては消化器系疾患や発育障害、うつなどを引き起こすことが明らかになっています。そのため、麺類、パン、クッキーなど、小麦類を原料とする加工食品が、グルテンを含まない食材で製造されるようになっているのです。米や大豆、蕎麦、さつまいもなど日本食品に多く使われる食材はグルテンを含まないため、小麦類に代わる食材として注目を集めています。そして、日本の伝統食品が意外なところで大活躍するようになっています。たとえば……1210npe1.jpg
■スナックとして人気がある玄米餅。シナモン&レーズン味、チョコレートブラウニー味、ピザ味など、日本では考えられないテイストも。■オードブルを乗せるクラッカーとして薄焼き煎餅が活躍■日本でいう「ポン菓子」がパンの代わりに。軽く焼いてトースト風に、ハニーやフルーツスプレッドをつけて食べると案外美味。
一部のセレブが実践してやせたことで、一躍ブームになった「グルテンフリー」ですが、じつは、ダイエット効果は実証されていませんのでご注意を。あくまでも、セリアック病など消化器系疾患のある方に効果のある食事療法です。この食事療法に取り組むことで、加工品を避け、穀類や野菜をバランスよく食べるなど、食生活を見直した結果、体重減少に効果があったのではないでしょうか。自分の体に合った正しい食事療法を取り入れるのが大切ですね。
ナチュラル・プロダクツ・エキスポ・イースト,ナチュラル・プロダクツ・エキスポ・ウエスト(以上、英語版)ナチュラル・プロダクツ・エキスポ日本語公式
text by太田あや(Aya Ota)―――――――――――――――――――――――――――――――――――ohta01.jpgBIO ARTS NYC, INC.代表ニューヨーク在住。米国代替医療協会認定ホリスティック・ヘルス・コーチ。コロンビア大ティーチャーズ・カレッジで統合栄養学のサーティフィケートを取得。ニューヨーク大学大学院のメディア・コミュニケーション分野で修士課程修了。メディア・IT業界での豊富な経験と、食・健康に関する専門知識を組み合わせ、教育・情報発信事業やコンサルティング事業を展開。ライター&リサーチャーとして食・健康・環境などを専門に執筆実績も多数。ホリスティック・ヘルス・コーチ資格取得講座>>
    specialbunner

    Ranking

    1. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    6. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    7. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    8. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    9. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    10. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    7. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    10. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた