1. Home
  2. EAT
  3. コーヒーを飲む人はシミが少ない!? 1日の適切な摂取量とは?

コーヒーを飲む人はシミが少ない!? 1日の適切な摂取量とは?

コーヒーを飲む人はシミが少ない!? 1日の適切な摂取量とは?

120827NEWScf01.jpgコーヒーといえば、「胃が荒れる」「カフェインがカラダにに良くない」「カラダを冷やす飲み物」など敬遠されがちなイメージがあります……が、じつは最近、美肌にうれしい効果があるという結果が研究で証明されたのをご存知ですか?それは、コーヒーに含まれるポリフェノールにあるそう。このポリフェノールには、紫外線に有効でシミを抑える働きがあるとのこと。ポリフェノールはワインでも有名ですが、抗酸化作用があり、肌のハリや老化防止にも効果的といわれています。そのうえ、コーヒーの特徴でもあるカフェインは、利尿作用があるので、新陳代謝の促進作用や、美肌づくりには欠かせない魅力的な要素が満載なんだそう!といっても、水代わりにガブガブ飲むのは禁物です!それでは、いったいどのくらい飲むのが適量なんでしょうか。日本栄養・食糧学会で発表された研究では、コーヒーポリフェノールを1日150mg以上摂取した人と、50mg以上150mg未満摂取した人を比較したところ、1日150mg以上摂取した人は、150mg未満摂取した人たちに比べて、シミが有意に低かったそうです。150mgとは、大体1日にコーヒー2、3杯の量に相当する量です。ほかにも、カフェイン入りのコーヒーを1日2杯程度飲むことで、心不全の予防になる、という米国立衛生研究所の研究結果も発表されています。コーヒーに含まれるカフェインは、肝臓や腎臓の働きも活発にし、アセトアルデヒドの分解も助けてくれるとか。ちなみにコーヒーの効果は、インスタントでも、レギュラーでも効果はほぼ同じ。でも妊娠中や胃酸過多、胃潰瘍、血圧、血糖値のコントロールが難しい人は、少量にするなど、摂取を控えたほうがいいそうです。ところで、コーヒー選びの基準は好みによってさまざまだと思いますが、ロハスに興味があるなら、フェアトレードコーヒーがおすすめですよ。photo by Thinkstock/Getty Images(高田薫)
    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由