1. Home
  2. STYLE
  3. 加湿器はもういらない!? うるおい効果の高い観葉植物を選ぶポイントは?

加湿器はもういらない!? うるおい効果の高い観葉植物を選ぶポイントは?

1,250

加湿器はもういらない!? うるおい効果の高い観葉植物を選ぶポイントは?

120105NEWSkan01.jpg風邪やインフルエンザが流行する乾燥した冬。とくに、女性にとって肌の乾燥が気になる季節です。

乾燥を防ぐために加湿器を使うのもひとつの手ですが、自然のパワーを使った乾燥対策を取り入れてはいかがでしょう?

おすすめしたいのが、観葉植物を室内に置くこと。 乾燥対策とどんな繋がりがあるの?とギモンに思うかもしれませんが、実は、観葉植物には自然の加湿効果もあるんです。

植木鉢やプランターに入れた水を根が吸い上げ、葉っぱから蒸発していくことで室内が加湿され、冬は熱を放出するので気温の低下を防ぎ、温熱快適性も向上するという仕組み。この蒸発作用は、冬の乾燥した室内の湿度を、快適といわれる湿度50%〜60%に上昇させることがあるとされています。

さらに、植物が放出する水分は完全な蒸留水なので、加湿器で気を付けないといけない水垢やバクテリアの発生を心配する必要もないのです。植物が水分を蒸散することで、空気に潤いを与え湿度までコントロールしてくれるなんて、この時期とても嬉しいですよね。

120105NEWSkan02.jpg成長が早く水を吸い上げる力が強い植物や、葉っぱの面積が大きい植物ほど、より多くの水分が蒸発するので加湿効果も高まります。

例えば、椰子系のアレカヤシや、葉っぱの面積が大きいウンベラータといった植物は簡単にも育つのでおすすめです。

より加湿効果を高めたい場合は、葉っぱを霧吹きなどで濡らしたり、鉢土からの蒸発も保湿効果があるので、いくつも植物を置いてみるのも良さそうですね。時間を決めて水やりや霧吹きをすると、蒸散活動が活発化していきますよ。

加湿効果のほかにも、植物の緑は人の目を心地良く刺激してくれます。健康に有効とされる成分"フィトンチッド"を放出し、脳内のα派を増大させリラックス効果を与えるとされています。また、植物を光にあてることで光合成が起こり、キレイな空気(酸素)も作り出してくれますし、シックハウスの主な原因とされているホルムアルデヒドなどの揮発性有害物質やカビや細菌・ちりほこりも吸収してくれます。

この冬は、クリーンでうるおいたっぷりの観葉植物とともに、癒しの時間を過ごしてみませんか?

text by 山口麻希子Headstarts代表 / インテリアデザイナー / リラクゼーションプランナー 数々の商業施設やホテル・スパ・サロン・レストラン・医療機関・個人宅などのインテリアデザインに加え、リラクゼーションイベントの企画デザインを行う。また、都会で働く女性に向けた、「リラクゼーション勉強会」を開催中。都会の中に、心をうるおすオアシスとなるような空間をデザインしている。Facebook>>

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 少ない回数でも効果あり! お尻・太もも・コアに響く8つのスクワット

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ダイエット中でも食べたい! おいしい低糖質ピザの専門店が誕生

    6. 食品業界のプロが選ばない、9種類の「調味料と保存食品」

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. スクワットを制すれば、美尻と美脚が手に入る! 基本の7動作

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 食品業界のプロが選ばない、9種類の「調味料と保存食品」

    3. 「人前であがる人」の特徴は? たった2分で緊張が解ける裏技

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. 空気清浄だけじゃない、観葉植物が身体にもたらすメリット8つ

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. ダイエット中のおやつに「飲むヨーグルト」。管理栄養士が飲むコツを伝授

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 寝るとき、エアコンはどう使う? 熱中症と睡眠の関係

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 熱中症のサインは? 症状を見逃さないで! 予防と対策5つ

    3. 食の専門家が絶対に食べない9つの食品。マーガリン、全粒粉パンも...

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 目覚めたら手に大ヤケド! 火事でも日焼けでもない、まさかの原因は?

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. 「人前であがる人」の特徴は? たった2分で緊張が解ける裏技