1. Home
  2. MIND
  3. リンパを流して もっと巡り美人! はじめよう!アロマデトックスライフ(2)

リンパを流して もっと巡り美人! はじめよう!アロマデトックスライフ(2)

リンパを流して もっと巡り美人! はじめよう!アロマデトックスライフ(2)

【実践2】効果的に入浴する入浴前に水を一杯飲んでから豚毛など天然毛のやわらかいブラシを使って「ドライブラッシング」を。心臓から遠い方から心臓に向かってくるくると円を描きながら軽いタッチで行うと血液循環を良くし入浴時の発汗やデトックスを促します。入浴は、38度くらいのお湯にゆっくりが鉄則。カラダに負担をかけずに芯から温めリラックス効果も期待できます。その日の気分にあわせて海塩のタラソやアロマバスを楽しんで。
【アロマバスで効果的にデトックス】●ラベンダー以外は必ず希釈お風呂に精油を入れるときは、無水エタノール or ウォッカ 5ccに対しお好みの精油5〜6滴の割合で希釈して使う。アルコールに敏感な方は、アルコール分を生クリームに変えて。●おすすめ精油温浴効果をアップするなら「ローズマリー」。水分の滞りや、むくみが気になるときは「ジュニパー」「サイプレス」などがおすすめ。好きな香りをブレンドして自分だけのアロマバスを演出してみるのも楽しいはず。●究極のデトックスバスさらなるデトックス効果を求めるなら、寒天パウダーと海塩(それぞれ1/2カップ)に精油を5〜6滴加えたものを入浴剤に。海藻・海塩・アロマのパワーが合わさり家のお風呂がスパに変身。驚くほどのすっきり感が味わえます。
【実践3】消化に負担がかからない食生活を炭水化物や動物性タンパク質をたくさん摂る食事は、消化に時間がかかります。そういった食事を一日3食食べていれば、胃腸はほぼ一日中休みなく働き続け、その間カラダは消化に注力するのです。そのため頭まで血が巡らず、常にぼーっとして眠たい、頭がすっきりしない状態を引き起こします。より自分らしくいるためには、実は消化に負担がかからない食べ物を摂ることが重要なのです。白い砂糖や乳製品、赤みの肉などは消化に時間がかかるので極力さけること。火を加えない生野菜や果物(ローフード)をたっぷり摂ることで酵素の力で内側からリフレッシュさせ、健康的なカラダを作ります。タンパク質は魚、鳥、卵、海藻などから補い、炭水化物もなるべく控えます。
【美肌とデトックスに効く野菜ジュース】にんじん、ショウガ、キャベツ(適量)をジューサーにかけてジュースに。ビタミンCたっぷりで美肌。食物繊維で便秘を解消。【むくみ解消ドリンク】スイカ、キュウリ、梨をそれぞれ好みの野菜や果物とあわせて。水分代謝を促してくれるので、むくみをすっきり。
続いて、巡り力をあげる水分の摂り方と簡単マッサージ法をご紹介します。>> はじめよう!アロマデトックスライフ(3)

    Ranking

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    3. ランニングで社会にいいことができちゃう。「プロギング」と、新アプリ「ノルク」を体験してきた

    4. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    5. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    6. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    7. 編集部はこれ買いました【Amazon ブラックフライデー:本日最終日】

    8. 新連載「野菜をひと皿」。みずみずしい新玉ねぎの白バルサミコ漬け

    9. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    10. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    5. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    6. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    7. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    8. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    9. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    10. ランニングで社会にいいことができちゃう。「プロギング」と、新アプリ「ノルク」を体験してきた

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    5. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    6. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    7. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    8. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    9. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら