1. Home
  2. MIND
  3. リンパを流して もっと巡り美人! 自分でもできる!リンパを流してむくみ知らず(3)

リンパを流して もっと巡り美人! 自分でもできる!リンパを流してむくみ知らず(3)

リンパを流して もっと巡り美人! 自分でもできる!リンパを流してむくみ知らず(3)

●梅雨時・夏場は、むくみやすい季節梅雨は皮膚からの水分排出(発汗)がしづらくなるため、老廃物をカラダに溜め込みむくみやすい季節。また、夏場も冷房による冷えなどで血行不良になりやすく、代謝が下がるためむくみやすい季節と言えます。そのため、これからの季節は、いつも以上に排泄力を高めることを意識して過ごすことが必要になります。【マミーズタッチ流:むくまない過ごし方】▼一日1.5Lの水を飲むむくんでいるからといって、水分をひかえるのは逆効果。カラダは水分が足りないと飢餓感を感じ、さらに溜め込んでしまいます。かといって飲み過ぎるのも、腎臓に負担をかけることになるので注意が必要です。一日1.5Lを目安に常温の水を少しずつ飲むことを心がけましょう。▼毎日入浴する(湯船につかる)たくさん汗をかいているから、代謝は充分だろうと夏場に入浴をせずシャワーだけですますのは危険です。外で汗をかいた後、室内で冷房にさらされたカラダは想像以上に冷えています。こうした冷えは内臓機能の低下を引き起こし、排出力、胃腸の消化力などを弱らせてしまいます。毎日しっかり入浴し、カラダの中から温めることで、代謝の低下を防ぎ、むくみはもちろん、夏バテしらずのカラダを作ります。▼長時間同じ体勢をとらない立ち仕事やデスクワークが長時間続くと、重力の関係で、どうしてもむくみやすくなります。1時間以上同じ姿勢をとらないように心がけることが大切。また、動けない時も気がついた時に足首を回したり、意識的に足の指を動かしたりしましょう。▼気がついたときに即マッサージ足の冷えやむくみを感じてきたら、まずは手のひらを温めてから、足首から上に向かってゆっくりとさすり上げます。膝裏や足の付け根のリンパ節まで流し込むことを意識し、最後にリンパ節の周りをほぐして終了。そこまでできない時は、膝の内側のリンパ節をもみほぐしてみて。続けるうちに、むくみにくいカラダに。
ーーーーーーーーーーー
今回お話を伺ったマミーズタッチでは、強めの刺激のリフレクソロジーをベースに、オールハンドの丁寧な施術でコリやつまりをほぐしてくれます。「むくみ足対策には、下半身のリンパの流れを強化・スムーズにし、余分な水分や老廃物をカラダの外へ押し流していくことで、足の軽さや美しいラインを作るリンパマッサージコースがおすすめ。その日の体調にあわせてオイルをお使いしますので、より効果を実感していただけると思います。お手入れ後は、排泄サイクルが高まるので、トイレの回数や汗の出方にも変化があらわれますよ」と川田さん。毎日のセルフケアにあわせてサロンでのスペシャルケアで、むくみ知らずのすっきり足を手に入れましょう。アロママッサージサロン『マミーズタッチ』03-3470-9855touch@mammys.co.jp〒107-0062 東京都港区南青山3-13-1 小林ビル6F月曜〜金曜 13:00〜22:00/土・日・祝 11:00〜20:00第1火曜日http://www.mammys.co.jp/●リンパマッサージ 70分 8,400円(税込)フットジャグジー→リフレクソロジー→ふくらはぎ〜大腿部付け根までのオイルケア(後面・前面)
梅雨はカラダに水分が溜まりやすい季節。日常生活の中で水分代謝をよくするように気をつけ、むくみを解消しましょう!
水は、好みのものを常温で飲むのが飽きずに続けられるコツ。排出を促すハーブティー(ペパーミント、ネトル、フェンネル、リンデンフラワーなど)もむくみ対策には効果的!
表参道という好立地にありながら、時間も忘れてゆったりできる完全個室サロン『マミーズタッチ』
    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析