1. Home
  2. PRESENT
  3. 鉄分が不足すると体は酸欠状態です!

鉄分が不足すると体は酸欠状態です!

鉄分が不足すると体は酸欠状態です!

体内の鉄分が不足すると、血液は末端まで酸素を運ぶことができず、体は酸欠状態。軽く走っただけで息がきれる、持久力がない、疲労回復に時間がかかるという人は、鉄分不足の可能性が大!毎月の生理がある女性は、男性よりはるかに鉄分不足に陥りやすいため意識して鉄分を補うことが大切です。また、スポーツをして汗をかくと、体内に貯蔵されていた鉄分も汗と共に消費されてしまいます。鉄分不足は、エネルギーレベルを低下させるだけでなく、活性酸素を増やして老化を加速させるので、美容にも大敵。鉄分をおいしく補えるドイツ生まれの健康飲料、サルス社「フローラディクス」をご紹介します。● 液体だから吸収が早く、体感が早いサプリメントは錠剤よりも、液体の方が吸収率が高いことをご存じですか?ドイツで60年も愛され続けている「フローラディクス」は確かな品質のパワードリンクとして、ランナーやバイアスロン選手をはじめ、女性たちに幅広く愛飲されています。● 副作用がなく安心!便秘の副作用を起こすヘム鉄(動物由来)の鉄分サプリメントと違って、「フローラディクス」はノン・ヘム鉄が主体なので、胃にやさしく、便秘の副作用の報告はありません。また、ヘム鉄サプリメントは、過剰に摂ると体内に留まって活性酸素を生む危険性がありますが、ノン・ヘム鉄なら、消化管を通ってから血中に吸収されるため、過剰吸収の心配がありません。また、天然果汁べースで飲みやすく、毎日飲むのが待ち遠しい味です。● 食べ物からでは充分な鉄が摂れません実は食品から吸収できる鉄分は意外なほど少なく、肉類の鉄分から約20%、野菜・穀物の鉄分からは約10%ほどしか体に吸収されないのです。ドイツの厳しい目が選んでいる「フローラディクス」で、疲れ知らずの快適な毎日を送り、いきいきとランニングを楽しみましょう!フローラディクス内容量:500ml(約1カ月分) 価 格:6,930円 (税込)主成分:ハーブエキス(カモマイル、フェンネル、ニンジン、 オレンジピール、アーティチョーク)、果汁(ブドウ、洋梨、 サクランボ)、イースト、ハチミツ、ローズヒップエキス、 乳酸鉄、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12目安量:10mlを1日に1回から2回、空腹時に詳しくはこちらサルス社 /Salus-Haus(1916年、ドイツで創業)Otto Greither博士(1867〜1930)は若い頃、壊疽(えそ)になり、ハーブによる解毒に賭けたところ、体調を回復、脚の切断を免れた。 この体験から「植物が秘める偉大な力を健康に役立てよう」とハーブ製品の製造に着手。健康・幸福を意味するラテン語、Salusを社名とし、今やドイツ最 高峰のメディカル・ハーブ・メーカーに。「人は自然と調和してこそ健康を維持できる」というポリシーから環境保護にも積極的に取組んでいる。
  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. 【お悩み】セックスレスの話題を、相手にどう切り出したらいいのでしょうか?

    3. 砂糖不使用! たった4つの材料でつくる、甘酒ときな粉のヘルシーアイス

    4. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    5. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    6. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    7. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 材料と調味料を入れて蒸すだけ! 鶏肉と白菜の塩レモン蒸し

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    3. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    7. 「納豆キムチ」の健康パワーとは? この組み合わせがおすすめな理由

    8. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    9. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は......

    3. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    4. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    8. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    9. 一問一答で占う、2019年の運勢。あなたの恋愛運は?

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品