神津まり江

神津まり江

自然療法の治療院を営む母の元で育ち、女性誌のパイオニア「婦人画報」で美容・健康担当を務めた後、フリーランスのエディター・ライターとして独立。フィトテラピー(植物療法)を軸に、“気持ちよく生きていくための、人と自然のいい関係”を、日々の暮らしと取材を通して探りながら、女性誌やガーデニング誌で執筆活動を行う。著書に植物で心身をケアする習慣が根付いたパリの女性たちのライフスタイルを紹介する『パリジェンヌの薬箱』(朝日新聞出版刊)がある。

  • 豪華プレゼントが当たるチャンス!
    占いコンテンツの閲覧&
    最新の情報がメールで届く
  • 新規会員登録