川端由美

川端由美

大学院で工学を修め、エンジニアとして就職するも、子供のころからのクルマ好きが高じて自動車雑誌の編集部に転職。リオ・サミットをきっかけにエコに興味を持ち、プライベートで環境NPOにも参加。そうした経歴を生かして、現在はエコとオーガニック、そしてクルマを専門とするハイブリッドなライターとして、ライフスタイル誌、自動車専門誌に寄稿する。小学生の息子を持つ母親にして、海外のショーや学会も積極的に取材する国際派ジャーナリストでもある。2009年から現在まで、カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。国土交通省・独法評価委員会委員、環境省・有識者委員などを務める。