人間関係や、仕事の悩み、心のあり方まで。誰もが抱く不安を、やさしく解きほぐしてくれる占い師・キャメレオン竹田さん。マイロハスの連載「キャメレオン竹田のゆるポジ化計画」では、多くの読者がその言葉にパワーをもらっています。

自分が発信した言葉で癒される人がいてくれれば、それが一番うれしい」と語るキャメレオンさんに、多忙ながらもいつもすっきりと晴れやかな表情をしている理由を聞きました。

自分らしく「好き」を仕事にするということ

danon_001.jpg


占い師、イラストレーター、作家、詩人、旅人、会社社長、この1年ではサロン主宰にDJ、ジュエリーデザイナーまで。マルチな才能を生かし、多くの肩書きを持つキャメレオンさん。「豊かな感性をお持ちなのかな」と想像しますが、じつは占い師になったのには"堅実な"理由がありました。

「手に職をつけるため。そう言うと大げさですが、転職や再就職が難しい時代に、自分にはこれがあるという強みが欲しかったんです。OLをしながら料理や書道の先生になろうかとも考えて習い事もしていました。とくに料理はインストラクターの資格も取りましたが、あまりしっくりしませんでした。でも、小さな頃から大好きだった占い師の勉強をしていましたが、これはばっちりハマりました」

danon_002.jpg


おばあさまが手相に詳しく、自身も幼少期から占いに興味があったそう。占いの本を寝る間も惜しんで読むほど夢中になり、仕事にしてからも大変だと思うことは今まで一度もなかった、とキャメレオンさん。

「新入社員時代から数年間のOL時代は、言いたいことをがまんして不安を抱え込み、からだを壊したことも。それに比べたら、今はストレスのない毎日。占いは自分に合っているし、子どもの頃から好きだったイラストを描いたり、趣味でもある旅が仕事になる機会も増えました」

好きなことを仕事にしたストレスフリーな日々を過ごすキャメレオンさん。占いなどで発する言葉のやさしさの理由が垣間見えます。

気になる"キャメレオン流"健康法

danon_003.jpg


キャメレオンさんの美容法や健康法も気になるところです。「香りが好き」という理由で取り入れているのは、アロマや漢方。

「漢方は、煮出すと香りが部屋中に広がって好きなんです。不調があるからではなく、おいしいので。結果、あたたまるし冷え対策になっているかも。湯たんぽでおなかをあたためることも習慣にしています。あと、健康法はよく寝ることですかね。そして、イヤな仕事はしない。イヤな人には会わない(笑)」

OL時代は、ストレスで暴食しては自己嫌悪になることもあったそう。最近は「食べたいものを、食べたいときに、食べたいだけ食べる」という食生活。

「野菜たっぷりのおみそ汁を作って、魚を焼いて納豆と......。和食が多いですね。基本的に小食なのですが、食べたいと思うものがそもそも健康的なものばかり。野菜とか梅干しとか。お菓子やジャンクなものも食べますが、頭痛が始まったら"これ以上食べたらダメよ"というサイン。我ながら、よくできてます(笑)」

danon_004.jpg


そんなキャメレオンさんが、週3回は食べているというのが焼き芋。そして、毎日欠かさないのがヨーグルト。

ダノンのヨーグルトは子どもの頃から大好きで、毎日食べています。焼き芋にヨーグルトをつけて食べるとおいしいんです。そういえば、OL時代にストレスで食欲がないときでも、ヨーグルトに焼き芋を突っ込んで食べてましたね(笑)」

ストレスフリ―、おなかをあたためる、野菜中心の和食、ヨーグルトに焼き芋......。キャメレオンさんは「好きなことしかしない、好きなものだけ選ぶ」と言いますが、挙げてみるとどれも"腸"にいいことばかりの「おなかすっきり体験」を実践していることに気づきます。

占い師は、こころのモヤモヤをどう解消する?

danon_005.jpg


占いを通じて、女性のモヤモヤをすっきりと晴らしてくれるキャメレオンさん。ご自身のモヤモヤはどうしているのでしょうか。

「考えすぎてしまうクセがあるので、気をつけています。でも、何かあっても自分で占えるのはいいでしょう? 絵を描いているときは適度に集中するので、心がすっきりしますね」

そして、うらやましいのがキャメレオンさんはいつもおなかがすっきりしているということ。

私は、腸が超快調なんです(笑)。ごはんを食べたら、その前のぶんが押し出されるぐらい。小さな頃からそうで、給食後やカレシとの食事後はがまんするのが大変でした(笑)。1週間お通じがないという友だちの話を聞いて驚きますし、私もすごく稀におなかが張ると集中できなくて」

キャメレオンさんは、腸の調子がいいことを"家系かな"と言いますが、先ほど挙げた生活習慣を考えれば、その賜物と言えるのではないでしょうか。

女性のこころとおなかの"すっきり"をサポート

danon_006.jpg


キャメレオンさんが、子どもの頃から好きで、今も毎日食べているのが"ダノン"のヨーグルトです。

ダノンのヨーグルト、特にキャメレオンさんが最近食べているビオはていねいに発酵させたクリーミーな味わいと、マイルドな酸味が人気で、プレーン味、フルーツ味、ドリンクタイプと種類も多く、好みやライフスタイルに応じて摂ることができます。

生きて腸まで届く高生存ビフィズス菌BE80が入ったダノンビオ、中でも機能性表示食品として届出されている「ダノンビオ プレーン・加糖」はキャメレオンさんのお気に入り。女性の"すっきり"をより強くサポートしてくれます。

「腸は、女性の生き方に似ています。腸はいいものは選んで吸収し、不要なものは排泄させる。私たちも、自分にいいと思うものを選んで、ストレスになるようなものは捨てていく。そんな快調で快腸な毎日が過ごせると、こころとおなかのモヤモヤに悩まないで暮らしていけるのではないでしょうか」

聞けば聞くほど、ポジティブになれるキャメレオンさんの言葉。こころもおなかもすっきりといられる、そんな暮らし方のヒントをもらったような気がします。


クーポンを手に入れて、いますぐおなかすっきり体験をしよう!


ダノン

※機能性表示食品
※高生存ビフィズス菌 BE80
※BE80 届出表示:本品にはビフィズス菌 BE80 が含まれ、おなかの不快感をやわらげることが報告されています。
※おなかの不快感とは、健康な人の日常生活でみられる下部消化管における過剰なガスの発生とおなかの張り、ゴロゴロ感や違和感のことです。食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
※本品は、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
※本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
※本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。
※1日あたりの摂取目安量「2カップ(150g)」
※1日あたりの摂取目安量あたりの機能性関与成分の含有量「機能性関与成分名:ビフィズス菌BE80(Bifidobacterium lactis CNCM I-2494)含有量:89億個」
※届出番号A309

danon_007.jpgキャメレオン竹田さん

西洋占星術とタロットを駆使した独自の占いカウンセリングで人気を集め、テレビ・ラジオ出演、雑誌の占い特集記事や連載、アプリの監修も多数。マイロハスの連載「キャメレオン竹田のゆるポジ化計画」でも多くの女性に支持されている。占い師のほか、作家、画家、詩人、旅人、会社代表、サロン主宰などさまざまな肩書きを持つ。著書多数。[公式サイト][キャメレオン竹田の開運サロン]

写真/佐坂和也 文/大森りえ