部屋をもっと素敵に、おしゃれにしたい、そしておもてなし上手になりたい......という気持ちも高まる年末年始。

「リアルなおもてなしアイデア」を知りたくて、DIYの達人でもありナチュラルな空間づくりで人気のインスタグラマーGraceさんのお宅に訪問、彼女ならではのおもてなし準備をのぞかせてもらいました。

人が集まるにぎやかな家にしたい

Graceさんのお宅は、白を基調に整えられ、清潔感あふれる心地のよい空間。そんなお宅を、自然と人の集まるにぎやかな場所にしたいと考えたそう。というのも普段は夫と子ども、家族3人で過ごすことが多く......「楽しいけれど、もっと新しい出会いや発見を息子と一緒に体験したい」と思ったから。一念発起して、あることをはじめました。

1215airbnb2_0.jpg

Graceさんがはじめたのは、宿泊予約のマーケットプレイスAirbnb(エアビーアンドビー)を使って自宅を貸し出し海外からのゲストを招くこと。ホスト登録すると順調に予約も入り、これから、空いていた日当たりのよい一室をゲストルームへ模様替えするそうです。

ゲストが喜ぶ快適な部屋づくり

1215airbnb2_1.jpgまず、最初にとりかかったのは「いらっしゃいませ」の気持ちを伝えるウェルカムボードづくり。ゲストがお部屋に迷わないようにという配慮の意味もあります。

材料は、100円ショップで手に入るフェイクグリーンリースをベースに、Graceさんが手作りしたクレイフラワーで飾り付け。 ひとつひとつのパーツをグルーガンで接着していくだけのかんたんDIY。これならすぐに真似できそう。

1215airbnb2_2.jpg「ゲストの喜ぶ顔をイメージしながらつくると、気持ちも盛り上がります」とGraceさんもにっこり。

気遣いが伝わる工夫をちりばめる

1215airbnb2_3.jpg「何があったらうれしいかな?」ゲスト目線で部屋を整えていくGraceさん。ベッドを用意し、ゲストがいつでもコーヒーを飲めるようにコーヒーメーカーを、かたわらに海外旅行者に人気のガイドブック『ロンリープラネット』も準備しました。さらに空気の乾燥対策と、ゲストにリラックスしてもらうために、ベッドの脇にはアロマブースを設置。これなら、初めての場所でもゆっくりと休めそう。最後に、ダストボックスバスタオルFree Wi-Fiカードを準備してゲストルームは完成です。

1215airbnb2_5.jpgゲストルームも、白が基調のナチュラルなテイストに統一。ひとめで清潔さを感じられるのも、心地よい部屋づくりのポイントのようです。

準備をすすめるうち「大丈夫かな? と不安な気持ちが、わくわくに変わり、どんどんゲストが待ち遠しくなりました」と気持ちにも変化が。

おもてなしの心はどう伝わる?

1215airbnb2_4.jpg部屋が整ったら、次はおもてなしに欠かせない食事の準備。通常Airbnbでは、夕食を提供しないホストも多いのですが、Graceさんは「せっかくなら一緒に食べたい」と夕食の献立も用意していました。海外の方に喜ばれる食事って何だろう? といろいろ調べて、当日にのぞむそうです。

細やかな気遣いやおもてなし準備の数々に、ゲストはどんな反応をしてくれるのか? 編集部もドキドキわくわく。いよいよ明日はじめてのゲストがやってきます。その様子は次回「おもてなし編」にてレポートします。

[Airbnb]

(マイロハス編集部)