領収書、払込用紙、支払い明細など、買ってもいないのに毎日増えつづける書類。重要なものも多いからいい加減にはできないし、たまる前にスピーディに整理したいもの。

そこでストレスフリーなのが、たった3つに仕分ける方法です。

お金、健康、信用で分ける

本来なら細かく分けて整理したいけれど、まずは分類の習慣をつけるところからはじめたい。そこで『どうしても捨てられない!! あなたのための捨てずに快適収納術』では、つぎの3項目に分ける方法が書かれていました。

・「お金に関わる書類」(領収書・払込用紙・支払い明細など)

・「健康に関わる書類」(保険証書・健康保険書類・検診案内など)

・「信用に関わる書類」(契約書・要返信書類など)

どれも生活のためのたいせつな書類です。逆にこれ以外といえば、DMやクーポンなど、捨てても生活できるものがほとんど。取扱説明書もネットでダウンロードできるものもあるから、最低限、この3大重要書類だけでもしっかり整理すると割り切れば、気楽に習慣化できそう。

ラベリングは忘れずに

そして整理するうえで一番重要なのが、ラベリング。ラベルが付いていると間違い防止になるし、家族全員に書類の場所をわかってもらえるという面も。

あと困るのは雑誌類。捨てられない雑誌といっても、本当に取っておきたいのは1冊のなかの数ページだけという場合も。そこでほしいページだけを切り取ってホチキスで止めたり、ファイリングすればかさが減ります。私も数十年前の雑誌の切り取ったページを、いまだにときどき眺めます。

他にも気になる!と、インスタで、収納上手さんの書類整理方法を探してみました。

mariさん(@atm432)が投稿した写真 -

たくさんの箱やケースがありますが、色がそろっているので見た目もすっきりしてます。

まずざっくりと一時保管用に入れておき、あとで長期保管用にわけるのもいいですね。

O meguさん(@houselife0120)が投稿した写真 -

ドキュメントファイルなら、細かくすっきりまとめられます。

yumiさん(@kireidaisuki)が投稿した写真 -

こちらはファイルボックス。たくさん入るのがいいですね。

どれもセンスの光る整理術ばかり。3つに分けたり、一時保存と長期保存にわけたり、自分のニーズに合わせて、よりやりやすい方法をマネさせてもらい、来年こそは書類のたまらない1年にしたいものです。

[『どうしても捨てられない!! あなたのための捨てずに快適収納術』]

image via Shutterstock