140年以上前にブルージーンズを発明し、知らない人がいないほど世界中で愛されている「リーバイス®」。トラッカージャケットも、リーバイス®が生み出したアイコンプロダクトなんです。その「トラッカージャケットTYPE III」が50周年を迎え、限定ストアがオープンします。

50周年を迎える永遠の定番

トラッカージャケットとは、いわゆるジージャンです。私たちが当然のようにジージャンと呼んでいますが、リーバイス®が生み出してくれなければ、今はどうなっていたのだろうと思うほど、多くのブランドで展開されている定番アイテムです。

古い順から、TYPEI・II・IIIと分類され、なかでも一番人気なのがIIIで、私たちがよく目にするジージャンの原型です。1967年に誕生したTYPE III は、立体裁断によってすっきりとしたボディになり、防縮加工済みの"プレシュランクデニム"を使用し、ファッションアイテムとして急速に人気を集めました。

今回の限定ストアは、来年で50周年を迎えるトラッカージャケットTYPE III のメンズ・ウィメンズモデルを中心としたラインナップ。シェルパ地をボディ部分・襟・袖の内側に施している「シェルパトラッカー」、断熱素材Thermore®を使用している「ダウントラッカー」、そしてリーバイス®ビンテージ クロージングから、当時のデザインを忠実に復刻した「トラッカージャケットTYPE I~III 」まで。

そして、世界最古のデニムジャケットでフロント部分にプリーツが入っているトリプルプリーツブラウスの復刻モデルも登場し、ファンのみならずチェックしたいアイテムがいっぱいです。

UNDERCOVERとの初コラボや限定カスタマイズも

20161130_revis2.jpg

完成した服の状態を入念に計算して、前衛的にデザインしていく「UNDERCOVER」は、リーバイス®のDNAであるクラフトマンシップと共鳴するとの理由から初コラボが実現しました。また、リーバイス®のカルチャーの中心には常に"音楽"が存在し、ミュージシャンたちが自己表現するための方法の一つとしてリーバイス®を選んできたことからも、音楽と切っても切り離せないカルチャーをもったUNDERCOVERが、リーバイス®トラッカージャケットに新たな息吹を与えることになったそう。

20161130_revis3.jpg

さらに、今回の限定ストアのためにデザインされた「パッチ」、「リフレクターテープ」、さらに「一点もののファブリック」の3種を自由に組み合わせることができる「THE PARK・ING GINZA」オリジナルカスタマイズでトラッカージャケットを作ることができます。世界にひとつのトラッカージャケットをプロのアドバイスを受けながらカスタマイズ。1日5名限定で予約がスタート。

50周年の夢の限定企画。今年がんばったご褒美に世界にひとつのトラッカージャケットをオーダーするのもいいかもしれません。

Levi's® THE 50TH ANNIVERSARY OF TRUCKER JACKET ポップアップストア

期間: 2016年12月1日(木)〜12月11日(日)

場所: THE PARK・ING GINZA 東京都中央区銀座5-3-1ソニービルB3F

営業時間:10:00~19:00

予約専用番号:ジュンカスタマーセンター0120-620-212 (11月29日~12月10日期間中開通)