こんにちは。栄養士・栄養カウンセラーの吉川圭美です。肌も体調も、気分上々な私は栄養でつくれる! もっと味方につけていきましょう。

今回は、なんだかだるい疲れ気味というからだをサポートしてくれる栄養素、ビタミンB群について。

いつだって元気の味方「ビタミンB群」

日常的なことに加え、大掃除に冬休みの旅行の手配、お世話になった人へのお礼など、毎年のことながら12月は本当に慌ただしいものです。その一方で、プライベートでは忘年会やクリスマスパーティ、デートなども。にぎやかで楽しいシーズンともいえます。

そんなときこそシャキッとしたからだでテンポよく仕事を済ませ、楽しい時間を存分に満喫したいもの。「疲れた〜」とぐったりしていては能率も下がるうえ、楽しい時間も台なしになってしまいます。そんなとき、サポートしてくれる栄養素といえば、ビタミンB群。8種類からなるものです。

人間のからだは、食べたものをからだで使えるエネルギーに変換し、全身のあらゆるところで使っています。ここで変換するときに、さまざまな栄養素が必要になってきます。その代表的なものがビタミンB群。不足してしまうと、食べたものをエネルギーに変換できず、全身の細胞がエネルギー不足になってしまい、疲れやだるさを感じることにつながります。

ちなみに、ストレス暴飲暴食はビタミンB群を多く消費します。そのため、忙しいからとランチもそこそこに、クライアントとの忘年会で気を遣って食事もそこそこに、といった毎日を繰り返すと、あっという間にビタミンB群不足に......。気をつけたいものです

積極チャージ&消費させない節約も意識

でも大丈夫。ビタミンB群はさまざまなものに広く含まれています。とくに多いのがレバー玄米全粒粉といった未精製の穀物、肉、魚などです。パーティなどのときは、こうした食材を使ったメニューを意識的に食べましょう。また、甘いものシメのご飯の食べ過ぎもB群を多く消費するので、最初に登場するメインの肉や魚をたっぷり食べ、シメを控えめにしておくのがいいかもしれません。

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

image via shutterstock