身も心も停滞気味のときは、やる気を引き出してくれるような、パワフルなエネルギーにふれたくなります。たとえば野生動物たちの写真も、その躍動感や目の輝きを見るだけで気合いが入ります。

とくに最近パワーをもらったのが、世界的に著名なコンテストで受賞歴が多い写真家、アヌップ・シャーのこの1枚(トップ画像)。走りだすシマウマたちの力強さや鼓動がダイレクトに伝わり、自分も思わず動き出したくなります。

やる気が奮い立つ、迫力ある作品たち

この写真はコニカミノルタプラザにて、2016年10月29日(土)~11月24日(木)まで開催される特別企画展、アヌップ・シャー写真展「マサイマラ」で見ることができます。ほかにも、ケニアのマサイマラ国立保護区の大地に暮らす、さまざまな野生動物たちの姿をとらえた作品31点を展示予定。

たとえば、凛々しさも感じるゾウの群れや、孤高のライオン、あどけない表情のジャッカル、母親のたくましさが伝わるライオンの母子、瞳が印象的なベルベットモンキーなど。

161019_masaimara_01.jpg
ゾウ/小乾季、12月上旬

161019_masaimara_02.jpg
ライオン/大乾季、6月上旬

161019_masaimara_03.jpg
ジャッカル/小乾季、2月上旬

161019_masaimara_04.jpg
ライオンの母子/大雨季、4月上旬

161019_masaimara_05.jpg
ベルベットモンキー/小雨季、11月中旬

これらの作品はアヌップ・シャー最新写真集『THE MARA』に収められた作品をモノクロプリントにしたものだそう。

自分の悩みとかモヤモヤなんて、小さいことに思えてくる。そんなエネルギーに満ちた作品にふれることのできる写真展「マサイマラ」。入場無料なので、ショッピングがてら気軽に立ち寄りたいスポットです。

コニカミノルタプラザ特別企画展 アヌップ・シャー写真展「マサイマラ」

期間 2016年10月29日(土)~11月24日(木)

会場 コニカミノルタプラザ・ギャラリーA

所在地 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-26-11 新宿高野ビル4階
※JR新宿駅東口、東京メトロ丸ノ内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分 フルーツの新宿高野4F

電話 03-3225-5001

時間 10:30~19:00
※11/4、11/11、11/19は特別営業のため20:00まで
※最終日は15:00まで
※入館は閉館の15分前まで

入場料 無料

あわせて読みたい

じんわり心に沁みてくる。人生の大先輩の言葉
ゆるやかランニングで叶える、心地よい自分再発見(Sponsored)
美をつくる眠りと体をゆるめるリラックス法(Sponsored)