なにかとイベントが多いこれからの季節。おうちに友だちを招いてパーティーをする機会も増えそうです。そんなときのおもてなしメニューをさらに華やかにしてくれるのが「ローズ飾り」。ローズといっても本物のお花ではありません。さまざまな食材を使ったローズ飾りをインスタグラムからピックアップしてみました。

アボカドローズ

アボカドをまるでバラのように飾る「アボカドローズ」。アボカドの緑がお料理を引きたててくれます。

<アボカドローズの作り方>
1. 半分に切って種を取り除く。
2. 皮をむく(身を崩さないようにやさしく)。
3. 花びらにしたい厚さの分だけスライスする。
4. 花の中心部から巻くように、少しずつスライスした部分を動かしていき花になるように調整する。

最初のうちは薄くスライスしすぎないようにするとつくりやすいです。アボカドローズはサラダにはもちろん、トーストの上に乗せたり、メイン料理の脇に添えても合いそう。

キウイローズ

ma ciao!さん(@maciao_ns)が投稿した写真 -

キウイで作ったキウイローズ。切りかたはアボカドと同じ。皮をむいたら半分に切ってからはじめます。キウイローズはもともとケーキなどに添えられることが多かったのですが、最近ではサラダやトースト、お弁当の中でも花を咲かせてくれます。

トマトローズ

トマトでつくったトマトローズ。作りかたはアボカド、キウイと同じですが、水分が多く崩れやすいので薄くしすぎないのがポイント。トマトの赤が本物のバラに見立ててくれるので、文句なしの華やかさ。トマトローズはサラダやつけあわせに。薄切りにしたキュウリを間に少し挟むと、まるで葉っぱがついているかのように見えてきれいです。アボカドローズと一緒に飾るとクリスマスカラーにもなります。

他にもこんなローズが咲いています

リンゴローズの咲いたアップルパイ。硬さがあるので初めてでもキレイに咲かせられそう。

パンをローズの形になるように焼いた、その名も「薔薇パン」。付け合わせのパンがメイン料理に華を添えます。

ちょとした手間で食卓が華やかになる「ローズ飾り」。おもてなしのときだけじゃなく、日常でもちょこっと添えるだけで気分が上がりそう。練習して、マスターしておきたいテクニックです。

image via shutterstock